この度第3回鶴ヶ島100KMウオークは日本市民スポーツ連盟公認大会(IVV)に認定されました。

IVVとは、各ウオーキング協会が主催する認定大会や例会でゴールした時に配布される用紙「完歩証明」のことで、一般的に「IVV」と言われております。

第3回鶴ヶ島100KMウオーク大会では、下記の示すフォーム(用紙)を配布しています。各協会等でも概ね同様な形式のものを配布しております。

用紙では、三つのことが証明されております。歩いた「距離」、「回数」、「ダイアリー(月日)」で、それぞれ切り離し、距離パスポート、参加パスポート、ウオーキングダイアリーに貼り付けて認定を受けることにより日本市民スポーツ連盟の表彰を受けることができます。

1番上の欄は、参加「回数」の証明で、参加者個人によって違いますが、その日が5回目の参加ならば、5回目の参加証明になります。

2番目の欄は、その日の歩いた「距離、Km」の証明です。

3番目の欄は、「ダイアリー」用に歩いた距離(月日)を証明するもので、ウオーキングダイアリー(ウオーキング手帳(JWA「日本ウオーキング協会」)発行の手帳)に貼り付けます。

IVVは、ドイツ語の「InternationalerVolksspotVerband」の頭文字と取っており、「国際市民スポーツ連盟といいます。日本では、JVA「日本市民スポーツ連盟」といい、「Japanese VolkssportAssociation」と表し、IVV認定関連を取り扱っています。

日本市民スポーツ連盟 ivv-jva.com